探偵調査情報オープンで知る調査業界の実態


探偵の実態

近年、個人情報の規制に関して厳しい取締りが行われ、個人情報を流出させたとして企業などが謝罪会見をおこなったなどのニュースを見ることがあります。

そんな中で、情報を集めることでそれを報告し、利益を得ている探偵という職業は、この個人情報の規制にどのように影響を受けるのでしょうか?

個人情報の取り扱いについては、探偵の調査で得られる情報にも規制が当然ですが掛かります。
そのため、情報の取得といっても表面的なものが多く、実際の個人情報としては住所や年齢といった基本的なものになります。

この探偵の情報収集方法について詳しく解説するなら、関連の事件として例を挙げるのが一番だと思います。
最近では、ストーカーに元交際相手の住所を教えたとして逮捕されたといったニュースを聞きます。

探偵は探偵業法とよばれる「探偵業の業務の適正化に関する法律」の条文に、契約段階で探偵が取得した情報を、依頼者が犯罪または差別的な事柄に使用しないことを契約に盛り込むことが義務付けられているのです。
また、探偵は、依頼者がどのような理由で情報を求めているのか知ること、犯罪に利用しようとしていた場合には依頼を受けてはならないとなっています。

こんな情報は、一般の人からすると関係の無いものですが、依頼をする人、探偵側にとって大変重要なことなのです。






コンテンツ
Top


Copyright (C) 探偵調査情報オープン All Rights Reserved.